最近の若い世代は、結婚して家を建てる時、二世帯住宅や実家の敷地内に建てるケースが多いという。しかも、妻側の実家近くに家を建てるのが圧倒的に多いらしい。少し前なら考えられない話だが、実はメリットも多いようだ。婚活・結婚生活のコンサルも手がける、山本FPオフィス 山本昌義代表に聞いた。(リビンMagaZine編集部)


(画像=写真AC)

そもそも親との同居は約1割!?

核家族化が進んだ現代では「結婚したら親と別居する」のが基本です。未婚者の場合は、親との同居率は6~8割と高いのですが、結婚すると一転し、1割程度にまで低下しています。

<参考リンク>
ベッドの毛布のベッドの毛布の毛羽立ち毛皮の毛皮の毛布のための毛皮の毛皮の上の色のソファーカバーベッド広げの柔らかい暖かい冬の格子縞の豪華な毛布 (Color : Jade Pink, Size : 180x200cm 71x78inch)
http://www.ipss.go.jp/ps-doukou/j/doukou14_s/chapter4.html
コーヒーテーブル鉄ガラス小さなサイドテーブルソファテーブルエンドテーブル収納テーブルリビングルームバルコニースクエアテーブル装飾装飾品クリエイティブソファ
犬の足跡や動物の足跡毛布フリース冬猫かわいい多機能ウォームスロー毛布ソファ屋外ベッドカバー用 - 125x100cm

現代の夫婦は「人気 たべっ子どうぶつ1 着る毛布 部屋着 ブランケット 保温 パーカー 暖かい ガウン 防寒 冬服 長袖 ルームウェア オーバーサイズ フリースフード付きブランケット 掛け毛布 着るブランケット 男女兼用折りたたみ式折りたたみ式サマーアイスシルクカバークーリングマット、ピローケース付きエマルジョンサマークーリングアーティファクト,J-1.5*2.0m

チャンキーニットブランケットウールブレンドアームニットスローチャンキーニットスローブランケットハンドメイドブランケット暖かく居心地の良いスローブランケット家の装飾ギフト,グリーン,100x150cm(40x60inch)

■マイホーム購入、妻と夫どちらの実家の近くにする!? | スーモジャーナル – 住まい・暮らしのニュース・コラムサイト

麻雀テーブル折りたたみ麻雀テーブルシンプルホームスクエアテーブルシンプルデュアルユース麻雀テーブルゲームデスクトップ(カラー:ウッド、サイズ:ワンサイズ)

ちなみに、「妻の実家に近いエリア」が25.6%だったのに対し、「夫の実家に近いエリア」は7ポイント低い18.3%でした。

妻の実家の近くを選ぶ理由は「子育ての協力」「共働きのため」を挙げる人が多かったそうです。その理由なら、夫の実家付近でも良さそうに思えます。それにもかかわらず、妻側を選ぶのはなぜでしょうか。

実はここに、現代の夫婦事情が隠されているのです。現代では共働きが基本です。総務省統計局の調査では、2016年には夫婦共働き世帯の割合が48.1%にもなっております。それにもかかわらず、まだ「子育ては母親」と夫婦そろって考えているようなのです。その母親が支援を頼みやすいように妻側の実家付近に住もうと考えるわけです。

LWT コーヒーテーブルデザインラウンドモダンミニマリストホームリビングルームメタルソファサイドコンビネーション (Color : Gray, Size : Big)

毛布 帽子 レトロ 新聞用紙 ブランケット エアコン対策 敷き毛布 フランネル シングル 暖かい 掛け毛布 洗える 柔らかい ふわふわ 軽い掛け布団 発熱効果 マイクロファイバー 150×200cm

実際に筆者の周りにも、妻の実家の敷地に家を建てた知人がいます。
その人たちに意見を聞くと、

・土地代が浮いて経済的だから
・夫婦そろって帰りが遅く、普段は子育てできないから

この2つの意見が大きな理由でした。少ない事例ではありますが、先述の調査と符合します。一方で、やはり夫側にも葛藤があるらしく、夫婦喧嘩の時や妻の親とのトラブルや過干渉を心配する声もありました。

ネットでも同様の声があるようです。
■妻の実家敷地に家を建てること : 生活・身近な話題 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
鋳鉄製ティーポット製品宜興ティーポットパープルクレイフィルターティーポット生鉱石手作りティーセット240Ml

しかし、妻の実家の敷地に住居を建てるのも、経済的には合理的な選択肢です。

最後に、今回の内容に通じる事例を見てみましょう。

【事例】急きょ妻の実家近くに引っ越した

ある30代の夫婦は、結婚してから夫の親の強い要望で、夫の実家近くの賃貸に住み、そこで共働きをしながら生活していました。しかしこの夫の両親は、決して褒められた性格ではありませんでした。次第に妻と親の関係が悪くなっていき、ついには疎遠になっていきました。

そんな中、待望の子どもが産まれました。夫婦二人とも大喜びでした。妻は会社から育児休暇をもらい、家事に育児にと大忙しな日々でした。ですがそれでも夫婦は幸せでした。しかしそんな日々は、妻が職場復帰した頃から段々と変わっていったのです。

夫はあまり子育てが得意なタイプではありませんでした。また、近くに住んでいる夫の親に頼もうにも、疎遠になってしまった手前、お願いしても気を遣うばかりでした。

こうして、妻は共働きをしながら子育てを一手に引き受けることになってしまいました。

努力家で、姉さん女房な妻は、必死で頑張りました。しかし、仕事と子育ての両立は極めて困難でした。職場復帰後、わずか半年で妻は精神崩壊寸前、夫婦そろって一晩中泣き明かしてしまいました。

夫婦は思い切って仕事を辞め、妻の実家近くに引っ越したのです。理由はもちろん、妻親に子育てを手伝ってもらい、少しでも妻の負担を減らすためでした。結果論にすぎませんが、最初からそうしていれば良かったですね。

まとめ

布団カバー ダブル 4点セット寝具カバーセット 無地 掛け布団カバー ボックスシーツ 枕カバー 洗い替え 速乾 防ダニ シングル 綿100% 冬 夏 肌に優しい ホテル仕様 set3 通気吸汗 寒さ対策 寝具カバー カラー

そればかりか合理的な選択ともいえます。
今後、「育児は女性のもの」という風潮が変わらない限り、婿入りせずとも妻の実家近くに住む夫婦は増え続けるでしょう。

夫婦によって事情は違いますが、自分たちの生活に合わせた住居環境を選ぶようこころがけましょう。

 

本サイトに掲載されているコンテンツ (記事・広告・デザイン等)に関する著作権は当社に帰属しており、他のホームページ・ブログ等に無断で転載・転用することを禁止します。引用する場合は、リンクを貼る等して当サイトからの引用であることを明らかにしてください。なお、当サイトへのリンクを貼ることは自由です。ご連絡の必要もありません。

このコラムニストのコラム

夏の寝具竹製スリーピングマット両面折りたたみ式ベッド冷却籐マットレススリーピングパッドエアコンマット

WWW.KANBAN-OOGA.COM RSS